スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログだよ、演劇は 

西村です。
稽古は順調に進んでます。

楽しいですよ、ほんと。
いい戯曲、いい俳優、いいスタッフ。

演出家として、余計なことに労力をさかれず、
しっかりと作品と向き合える、ということがどれほど幸せなことか。

間口の広い作品になるんじゃないかなと思ってます。

戯曲はシンプルで力強い感じ。
一人の女の人生と時代の空気をしっかりとした構成力で描ききってます。

演出は、まぁ、これから。
どう捉えるか、みたいな最初の部分は僕の中でしっかり作れてるので、
あとはどう膨らませるか、どうシャープにするか、
という作業をじっくり俳優達とやっていきたいと思います。

稽古後もなんだか、毎日飲んでます。
よい座組みだなぁ。

なんでこんなに居心地いいんだろう、と思ったら、
もちろん、何回も一緒にやってくれてる俳優達ということもあるけど、
長野での公演で過ごした時間が密接に関わってるんだなぁ、と気がつきました。

演劇ってどこまでいっても、やっぱりアナログなんでしょうね。
ロボットが出演する時代になっても。
場所で過ごした時間が必要というか。
目に見えないものがとても大事。

いや、楽しいです。
そして、この楽しさが演劇を続けてる、理由でしょうね。やっぱり。
スポンサーサイト
| HOME |
Copyright © 青年団リンク・サラダボール『母アンナの子連れ従軍記』 All Rights reserved. Design By Solo.Created by Kana.

青年団リンク・サラダボール『母アンナの子連れ従軍記』

プロフィール

『母アンナの子連れ従軍記』

Author:『母アンナの子連れ従軍記』
2011/3/19~3/27
於 アトリエ春風舎

作 ブレヒト
翻訳 谷川道子
演出 西村和宏(青年団/サラダボール) 
振付 白神ももこ(モモンガ・コンプレックス)
http://saladball.org/

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。